立ち上がれ貧乏人!!  ~資本家階級への挑戦~

貧乏人コンシェルジュことカメレオンが労働者階級の君たちに捧ぐ。人生をちょっと賢く生きるコツ。

海外行くならプリペイドSIM一択!レンタルWi-Fi高すぎ!

f:id:kame_reon:20190818013809p:plain
海外旅行の際に必要になってくる2大必須事項は以下の通りだろう。

  • 外貨の調達
  • ネット環境の整備

外貨の調達については以下記事にておすすめの方法をまとめている。

kame-reon.hatenablog.com

当記事では海外旅行や海外出張で、ネットを自由に利用するためのおすすめの方法を紹介する。

 

テレビCMなどの効果により、イモトのWiFi 等をはじめとしたポケットWi-Fiをレンタルすることにより海外でのネット接続を可能とする方法が一般的になりつつある。

 

しかしながら、Wi-Fiルーターのレンタルは比較的高額になりやすいというデメリットや繁忙期等は「在庫がない」と言う事象に陥るケースがしばしば見受けられる。

 

そんな時に活躍するのが、海外用のプリペイドSIMである。

 

プリペイドSIMの特徴

・圧倒的安価

Amazon等で購入可能

 

Amazonなどの通販サイトで事前にプリペイドSIMを購入し、お手持ちのスマホに挿入するだけで簡単に海外でネット通信をすることができる。

 

しかも数百円から3000円程度と比較的安価である。

 

先日筆者もヨーロッパ旅行をしてきたのだが、30日間ヨーロッパ72地域どこでも使えて、データ通信12GB及び音声通話可能のプリペイドSIMを購入した。

 

値段はわずか2150円である。

 

 Wi-Fiレンタルでネット環境を整備しようと思ったら余裕で1万円をオーバーしてしまっていただろう。

 

今回は海外用プリペイドSIMについての詳細や注意点を以下に記す。

プリペイドSIMとは?そもそも論

そもそもプリペイドSIMがイマイチ何かわからない。

 

まずはこんな疑問にお答えしよう。

 

プリペイドSIMとは、使用できるデータの容量や期間があらかじめ決まっている使い捨てのSIMのこと。

 

例えば、先払いで1,000円払ってSIMカードを購入してしまえば、スマホに挿した日から3日間、3GBまで使える。

 

フランス用のSIMカードだったらフランスに行って挿せば、フランスのネット回線が使えるようになると言うイメージだ。

 レンタルWi-Fiは高すぎ

f:id:kame_reon:20190517002151j:plain

テレビCM等であまりにも有名になりすぎたイモトのWiFi を例に取り、料金の相場を見てみよう。

 

他にもWi-Fiレンタルサービスを提供している会社も存在するが対象の差こそあれ、料金が劇的に変わることはない。

f:id:kame_reon:20190817220509p:plain

例えばイタリアで1日1GBバイト利用しようと思えば、1日当たり1880円かかってしまう。

 

イタリア旅行ともなれば長期滞在になるだろう。

 

5日以上滞在するだけで合計1万円を超えてしまう。

 

3G回線で1日500MBに落としても、1日当たり980円かかる。

 

 

私が利用したプリペイドsim(30日間ヨーロッパ72地域どこでも使えて、データ通信12GB及び音声通話可能)は総額わずか2150円である。

 

プリペイドSIMが如何に安いか分かって頂けたであろうか。

 

f:id:kame_reon:20190817221250p:plain

ルーターのレンタル料金が最も安い台湾を例にとっても、3G回線で1日500MBで、1日当たり680円かかる。

 

3日間の弾丸旅行だったとしても 2000円程度料金がかかるのだ。

 

ちなみにWi-Fiルーターの空港受取手数料500円等別途手数料も上乗せされる。

 

台湾のプリペイドsimはいくらくらいだろうか。

 

Amazonで3日間弾丸旅行用の以下のような商品がある。

 

ご覧いただいた通りわずか650円でありポケットWi-Fiレンタルの半額以下のコストで通信設備を整えることができるのだ。 

 

もっとも、Wi-Fiレンタルの場合複数人が同時にWi-Fi接続することができるというメリットがある。

 

卒業旅行など大人数で海外旅行をする場合はWi-Fiレンタルの方に軍配が上がることもあるだろう。

 

カップルで旅行➡︎プリペイドSIM

・大人数で旅行➡︎レンタルWi-Fi

 

●公式ホームページはこちら

>>海外行くなら!イモトのWiFi

 プリペイドSIMで海外旅行しよう

f:id:kame_reon:20190817233929p:plain

海外用のプリペイドSIMを購入するにはいくつか方法がある。

  • 日本でネット通販で購入する
  • 現地の空港や携帯ショップ等で購入

結論から言うと日本のネット通販で購入してしまえば良いだろう。

 

現地で購入する方が「安い」という可能性もあるだろうが、せいぜい数千円の買い物であるので数百円程度安く購入できる可能性がある程度ではないだろうか。

 

現地での購入価格を英語で調べるのも疲弊するし、いざ空港で手続きをしてうまくいかなかったらネットなしで海外で過ごすことになる。

 

慣れてない人にとっては現地でのプリペイドSIMの購入はコスパが悪くメリットはあまりないだろう(もちろん英語が堪能で海外に精通しているのならその限りではない)。

 

日本でプリペイドSIMを購入するにはAmazon楽天で「プリペイドシム 国名」などと検索すればたくさんヒットする。

 

後は口コミやレビュー等を参考にしながら滞在日数と必要容量等を考慮しながら一番良い商品を購入すればよいだけだ。

 

ちなみにアジア旅行ならSIM2Flyというメーカー、ヨーロッパ旅行ならThreeというメーカーが比較的おすすめである。

 

おすすめプリペイドSIM

・アジア旅行:SIM2Fly

・ヨーロッパ旅行:Three

 

 

双方とも利用したことがあるが、使えなかったことやスピードが遅すぎる等の不具合はなく、GoogleMapや検索をする分には不便なく利用することができる。

 

プリペイドsimの注意点

f:id:kame_reon:20190818000514j:plain

便利でコストが低いプリペイドシムであるが、いくつか注意点も存在するので紹介しておこう。

SIMフリー端末でないと利用できない

プリペイドSIMはSIMフリーの端末(SIMロックが解除された端末)でないと利用することができない。

SIMフリー端末とは:

SIMロックがかかっていないスマホタブレットのことである。

SIMロックは大手3キャリアであるau・ドコモ・ソフトバンクが、他社への流出を阻むためにかけいるのだ。

 

要するに他社のSIMカードを挿入しても動作しないようになっている。

実に煩わしい仕組みである。

 

au・ドコモ・ソフトバンクのキャリアと契約しておりSIMフリーと言われてもピンとこない方はSIMロックがかかっている可能性が高いのでまずはSIMロック解除をする必要がある。

 

ちなみにSIMロック解除は各キャリアのポータルサイトから自分で簡単に(5分以下)実施することができる

 

SIMロック解除ができてからプリペイドシムを購入しよう。

SIMカードのサイズをチェックしよう

SIMには標準・micro・nanoの3種類のサイズがある。

スマホ端末とSIMカードのサイズを事前に確認しておこう。

 

最近は大抵以下画像の通りすべてのSIMカードのサイズに切り取れるようになっているものが多くなってきているので利便性が上がってきている。

 f:id:kame_reon:20190817230846j:image

SIMピンを忘れないように

f:id:kame_reon:20190817232259p:plain

スマホ端末からSIMカード挿入スロットを開けるためにはSIMピンが必要である。

 

SIMピンを忘れてしまうとSIMカードを入れるのに一苦労してしまう。

シャーペンの芯などで代用もできないこともないが、SIMピンがあるにこしたことはない。

 

また、海外用のプリペイドSIMを差し込んだ後、元々ささっていたSIMカードを絶対なくさないように気を付けよう。

 

日本に帰ってからスマホが使えなくなってしまう。

 

 まとめ:プリペイドSIMにして、うまい飯を食え

今回はWi-FiレンタルよりプリペイドSIMを事前にAmazon等で購入し、海外旅行に行く方がお得にネット環境を整備することができる話を共有させていただいた。

浮いたお金で是非美味しいご飯でも食べていただければ幸いだ。

 

以 上