masalog(マサログ)

結婚・節約・投資をテーマに、もっと早く気づけばよかった、人生をちょっと賢く生きるコツを投稿します。

新婚二人暮らし夫婦の生活費平均は22万円|コスパ最高の節約法11選!

f:id:kame_reon:20200502205537p:plain

 

・「二人暮らし」っていくらかかるんだろう?

・無理なく節約できる方法とかないかな?

 

今回はこんな疑問にお答えしますよ。

  

 

当記事の内容

✅二人暮らしの生活費の平均

✅生活費の内訳

✅おすすめの節約法

 

現在私は首都圏に暮らす二人暮らしの夫婦です。

 

これから「二人暮らし」をしようと思っているあなたは、生活費がどのくらいかかるのか不安に思ってはないでしょうか。

 

今回は「平均的な二人暮らしの生活費とその内訳」を詳しく紹介しますよ!

また、ケチケチせずに賢く節約する方法もご紹介しようと思います。

 

 

パートナーと新生活を始めようとしているあなたは必見です。

 

それでは一緒に見ていきましょう。

※無料でお金の教養を学ぶには

お金の教養って学校では教えてくれませんよね。とはいえ、自分から学ばないといつまでも頭の良い人に搾取され続けてしまいます。


お金の基礎を身に着けるなら、ファイナンシャルアカデミーが早いかもです。

 

「お金の教養講座」を無料で受講することができます。束田講師の話が面白く、非常にためになりましたよ!

>>ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」

 

新婚二人暮らしの生活費平均は22万円

f:id:kame_reon:20200502211457p:plain

まずは結論から!

 

「新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」によると1ヶ月当たりの生活費費は以下の通り。

 

 

2016年の新婚さん二人暮らしの生活費の平均は22万円でした。

 

 

ちなみに20代の一人暮らしにかかる生活費の平均は13万円くらいと言われているので、単純に2倍よりかはちょっと安く済みそうですね。

 

二人暮らしの生活費 < 一人暮らしの生活費 × 2

 

確かに電気代とか一緒の部屋にいれば、2倍になるわけないですもんね。

 

生活費内訳 平均費用
家賃 7.9万円
食費 4.1万円
光熱費 1.7万円
通信費 4.7千円
交際費・趣味・レジャー費 2.6万円
被服・理容費 1.6万円
保険料 2.2万円

 

今回集計した生活費内訳は上記の通りです。

 

以下で一つずつ詳しくみていきましょう。

新婚二人暮らし平均家賃は7.9万円

f:id:kame_reon:20200421150452p:plain

「新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」によると2016年の新婚さん二人暮らしの家賃の平均は7.9万円でした。

 

f:id:kame_reon:20200429104321p:plain

新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)

二人暮らしの家賃平均•••••••7.9万円

人気No.1 間取り••••••••••••••2LDK

新生活準備の初期費用•••••••102万円

 

とはいえ、家賃は地域ごとに雲泥の差なので地域ごとに見ないと意味がありませんよね。

 

・地域別の家賃相場が知りたい

・収入に対する家賃の目安が知りたい

・人気間取りランキングが知りたい

 

二人暮らしをする上で気になりそうなお家周りのことは、以下記事で詳細にまとめました。 

kame-reon.hatenablog.com

 

知っておきたい初期費用の節約法

新生活準備にかかる初期費用は工夫をすれば大幅に節約できるって知ってました?

 

知っておきたい初期費用の節約法

✅賃貸契約の初期費用はカットしまくろう!

✅引越しは相見積もりを取ろう!

✅引越し業者以外の選択肢を知ろう!

✅家具・家電はジモティーもおすすめ!

 

初期費用の絶対に知っておきたい節約法についてはこちらで詳しくまとめました。

kame-reon.hatenablog.com

 

ケチケチしない賢い節約をすれば、今より豊かな生活を送る事ができますよ!

 

新婚二人暮らしの平均食費は4.1万円

f:id:kame_reon:20200419205824p:plain

二人暮らしの新婚さんの食費は一体どれくらいでしょう。

 

「新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」によると以下の通りです。

f:id:kame_reon:20200419191138p:plain

ゼクシィ新生活準備調査2016より引用

 

2016年の新婚さん二人暮らしの食費の月間平均は41,000円でした。

 

ちなみに新婚さんに限らない二人世帯の食費は2019年の統計局:家計調査によると以下の通り。

 

2019年の二人暮らし世帯の食費の月間平均は64,362円でした。

 

二人暮らしの平均食費の内訳

食材費:26,802円

調理食品:8,832円

飲料品: 4,600円

酒類:3,611円

外食:15,567円

菓子:4,950円

 

新婚さんの食費は結構抑えられているんですね。

 

ちなみに、この4万円という数字はかなり意識しないと大幅にオーバーしてしまいますよ!

 

酒好きで外食多めの我が家の月間の食費は約11.5万円でした😂

 

食費を抑えるためには、以下の3点を意識しましょう。

 

ケチケチしない食費の節約法3選

f:id:kame_reon:20200418141012p:plain

以下では食費のおすすめ節約法3選をご紹介しますね。

 

食費のおすすめ節約法3選

✅今すぐやるべき!ふるさと納税

✅意外と安い!食材宅配のミールキット

✅安くて美味しいレシピを習得しよう

 

上記おすすめ節約法についてはこちらの記事で詳しくまとめました。

kame-reon.hatenablog.com

 

新婚二人暮らしの平均光熱費は1.7万円

f:id:kame_reon:20200418140953p:plain

「新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」によると新婚さん二人暮らし世帯の光熱費の月間平均は1.7万円。

 

ちなみに、2019年の統計局:家計調査による二人世帯の光熱費は以下の通り。

 

2019年の二人暮らし世帯の光熱費の月間平均は16,262円

 

二人世帯全体と比べても、光熱費に関してはあまり差異は有りませんでしたよ。

 

二人暮らしの平均光熱費

電気代💡:9,654円

ガス代⛽️:4,488円

水道代🚰: 2,120円

 

普通に生活していれば、大体このくらいに収まるでしょう。

 

光熱費のおすすめ節約法4選

f:id:kame_reon:20200418141012p:plain

以下では光熱費のおすすめ節約法4選をご紹介しますね。

 

光熱費のおすすめ節約法4選

✅契約の見直しをする

✅都市ガスにする

✅LED電気にする

✅極端なエアコン温度設定にしない

 

4つ上げましたが、正直「契約の見直し」が最も重要です。 

 

なぜなら費用対効果がとても高いから!

 

最初に1回面倒な思いをするだけで、毎日の生活でこまめな節水・節電をする以上の節約効果があるんですよ!

 

例えば、東京電力の電気とガスをセットにするとAmazonプライム会員費4.900円が永年無料になります。

 

>>「TEPCO」の電気・ガスの契約で、今ならAmazonプライムが永年無料でご利用可能!

 

Amazonプライムでできること

✅配送料無料!

お急ぎ便無料! 

✅日時指定無料!

✅映画・ドラマ見放題!

✅音楽聴き放題!

✅本読み放題!

 

かなりお得だと思いませんか?

 

現在は電力・ガス が自由化されて、安いプランを提供する会社が多数あります。

 

国内最大級の電力比較サイトのエネチェンジで最適なプランを見つける事ができますよ。

 

エネチェンジでできること

✅最適な企業・プランが分かる!

✅契約切替も一気にできる!

  

enechange.jp

 

「その他の節約法」や「やってはいけない節約法」について以下記事でも詳しく解説しています。是非ご覧くださいね。

kame-reon.hatenablog.com

 

新婚二人暮らしの平均通信費は4.7千円

f:id:kame_reon:20200502211712p:plain

 「新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」によると新婚さんインターネット回線月額は4.7千円

 

f:id:kame_reon:20200502103814p:plain

「新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」

5千円~6千円という方が最も多い様です。

インターネット回線だけの月額なのでスマホ代とかも足せばもっと料金は高くなります。

 

ネット回線ってどれが良いのか全然よく分からないですよね。

  

ちなみに、私はネット回線については固定回線を引かずにスマホの格安シムとWi-Fiオンリーで生活しています。

 

我が家の通信費

夫のスマホ代(mineo):1,700円

嫁のスマホ代(mineo):1,700円

Wi-Fi(Nomad SIM):3,980円

合計:7,380円

  

Wi-Fiでも回線速度は速いし、ポケットWi-Fiを持ち出せば外でも使えるのでとっても便利なんですよ。

 

私はNomad SIMと言うWi-Fiを利用していますが、

  • 工事が要らない!
  • 料金が安い!
  • 2年縛りがない!
  • スピードも早い!
  • 複数端末OK!

で愛用しています。

 

複雑な意味が分からないキャンペーンとかも無く、久しぶりに良いサービスを契約できたと感じました。

kame-reon.hatenablog.com

 

格安SIMマイネオ(mineo)を利用していますよ!4年以上使ってますが、安いし特に不満もないです。

kame-reon.hatenablog.com

 

新婚二人暮らしの平均交際費・趣味・レジャー費は2.6万円

f:id:kame_reon:20200502211247p:plain

 「新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」によると新婚さんの交際費・趣味・レジャーにかかった費用は以下の通り。

 

2016年の二人暮らしの交際費・趣味・レジャーの平均は2.6万円でした。

 

f:id:kame_reon:20200502105829p:plain

「新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」

こちらのデータはあくまでも参考までにといったところでしょうか。

 

趣味やレジャーなんて人それぞれですもんね。

 

ちなみに私は海外旅行が趣味です。

もしあなたも海外旅行好きなら、おすすめ両替節約法などでお役にたてるかもしれません。

kame-reon.hatenablog.com

 

外貨両替は現地でもなく、日本でもなくFX会社で両替するのが手数料が最安になるという事実は覚えておくと良いですよ。

 

新婚二人暮らしの平均被服・理容費は1.6万円

f:id:kame_reon:20200502211333p:plain

 「新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」によると新婚さんの被服・理容費にかかった費用は以下の通り。

 

2016年の二人暮らしの被服・理容費の平均は1.6万円でした。

 

 

f:id:kame_reon:20200502110026p:plain

「新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」

ちなみに新婚さんに限らない二人世帯の被服・理容費は2019年の統計局:家計調査によると1.5万円でした。

 

今後生活する中で、大きく変動することはなさそうですね。

 

新婚二人暮らしの平均保険料は2.2万円

f:id:kame_reon:20200502211411p:plain

 「新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」によると新婚さんの保険料は以下の通り。

 

2016年の二人暮らしの保険料の平均は2.2万円でした。

 

f:id:kame_reon:20200502110210p:plain

「新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」

とはいえ正直これはあまり意味のあるデータになっているか怪しいです。

 

なぜなら健康保険料の料金を加算している人と加算していない人が混在している様な気がするからです。

 

加算してるなら保険料が0円の人が10%ってありえないですよね。また、加算してないならもっと0円の人の割合が大きくなるはずでしょう。

 

ちなみにサラリーマンのあなたは健康保険料は年収450万円で月額2万円(自己負担分は半分)くらいになりますよ。

生命保険とかって本当に必要?

突然ですが問題です!

 

2019年の金融リテラシー調査で面白い問題が出題されました。

 

全国の18~79歳の個人25,000人に対して行われた金融広報中央委員会による大規模な調査です。

 

あなたもチャレンジしてみましょう。

 

保険の基本的な働きに関する次の記述のうち、適切なものはどれでしょうか。
(1 つだけ)【必須入力】

  1. リスクの発生頻度は高いが、発生すると損失が大きい場合に有効である
  2.  リスクの発生頻度は低いが、発生すると損失が大きい場合に有効である
  3.  リスクの発生頻度は高いが、発生すると損失が小さい場合に有効である
  4.  リスクの発生頻度は低いが、発生すると損失が小さい場合に有効である
  5.  わからない

2019年の金融リテラシー調査出題問題より引用(*7)

 

正解は、、、

 

 

 

 

 

 

2番です!

 

 

 

当たり前?ですよね?

 

 

なんて言ったら、せっかくここまで読んで頂いた愛すべき読者の半分を敵に回してしまうことになるのかもしれません。

 

なんとこの問題の正答率は約50%なんです。

 

1番を選んだ人:6.6%

2番を選んだ人:49.3%

3番を選んだ人:3.4%

4番を選んだ人:6.5%

5番を選んだ人:34.4%

 

つまり日本で半分くらいの人は保険って何か分かってないんです(驚き)。

 

なのになぜみんな揃いも揃って保険に入りたがるのか、、、

 

保険の意義も商品の中身もよく分からないけど、とりあえずお金を払えば安心するような気がするから、入ってしまうんでしょうね。

 

✅保険は家族への愛情の証だ!

✅保険は家族としての責任だ!

 

といった保険会社の宣伝文句に踊らされる前に、健康保険で既に数万円もの大金を払っているのにさらに追加で保険に加入する必要があるのか。

 

まずは健康保険ってかなり強い保険であることを理解しましょう。

kame-reon.hatenablog.com

 

まとめ:費用対効果の高い節約こそ意味がある

f:id:kame_reon:20200421150624p:plain

今回は「二人暮らしの平均的な生活費」やそれぞれの費用ごとのおすすめ節約法についてご紹介させていただきました。

 

二人暮らしの生活費平均

全体平均:22万円

 

二人暮らしで必要になってくる費用が少しでもイメージできたでしょうか。

 

ご想像の通り、生活費の中で大部分を占めるのが家賃になります。

 

節水をいくら頑張っても節約できる金額はたかが知れていますが、家賃を少し下げるだけで生活の負担は大きく変わります。

 

金額の大きいところで工夫することをおすすめしますよ。

 

ちなみに家賃は入居後でもいつだって下げることは可能です。

kame-reon.hatenablog.com

 

是非無理のない範囲で素敵な二人暮らしライフを楽しんでくださいね。