masalog(マサログ)

結婚・節約・投資をテーマに、もっと早く気づけばよかった、人生をちょっと賢く生きるコツを投稿します。

バージンロードの本当の意味は?結婚式本番までにおさらいしておこう!

f:id:kame_reon:20200613132859p:plain

・バージンロードって何だっけ?

・バージンロードを歩くのはどんな意味があるの?

 

バージンロードって何だっけ?なんて恥ずかしくて今更聞けませんよね。

 

バージンロードとは

キリスト教式の結婚式で、結婚式場の入り口から祭壇までの通路やそこに敷かれる布のこと

 

 今回はバージンロードの意味おさらいすると共に、「歩く意味」など他の人が知らない感動的な由来まで詳しく解説しますね。

 

 バージンロードの意味とは

f:id:kame_reon:20200613124701j:plain

 

バージンロードとは

キリスト教式の結婚式で、結婚式場の入り口から祭壇までの通路やそこに敷かれる布のこと

 

バージンロードとは結婚式場の入り口から祭壇までの通路のことです。屋外の会場だと布が敷かれていたりしますよね。

 

f:id:kame_reon:20200613125008j:plain

 

ちなみにバージンロードは「魔除け」の意味があると言われています。

 

幸せそうな花嫁を悪魔にさらわれないように、床に清められた布が引かれているそうです。また、ヴェールをかけるのも、悪いものから身を守るためと言われています。 

バージンロードは和製英語

実は海外でバージンロードなんて言っても通じないんですよ。海外ではウェディングアイルと言います(アイルは側廊と言う意味です)。 

<日本>

バージンロード(Virgin Road)

<海外>

ウェディングアイル(Wedding aisle)

バージンロードを歩く意味とは

バージンロードが何か分かったところで、バージンロードを歩くことにはどのような意味が込められているのでしょうか。

 

バージンロードは「花嫁の人生そのもの」を表しています。

 

入り口の扉を開く前は、生まれる前です。扉を開くと同時に花嫁の人生が始まります。

 

「教会の扉」には「誕生」の意味が込められているんですね。

 

父親と歩くバージンロードの道は、一歩一歩が1年の歩みを表しています。

 

f:id:kame_reon:20200613124458j:plain

大切に育ててくれた父親や、祝福してくれている仲間たちの思い出を振り返りながら、一歩ずつゆっくりと歩いていきましょう。

 

祭壇に到着したら、父親の手から新郎の手へと受け継がれます。「家族と歩んできた人生」から「新郎と歩いていく人生」への転換点です。

 

ここで母親の愛情の証としてかけてもらったヴェールは、新郎がとります。これからはヴェールではなく、新郎が花嫁を守るということです。

 f:id:kame_reon:20200613130824j:plain

 

誓いの言葉を述べたらキスをしますが、決して幸せなのを見せびらかすためではなく、誓いの言葉を体の中に閉じ込めておくために、キスをするんですよ。

 

そして、これから二人の人生が始まっていくというわけです。

 

これだけ深い意味があることを、ご存知だったでしょうか。

 

キリスト教式挙式の流れをおさらい

ここで本番に備えて、チャペル式の挙式の流れをおさらいしておきましょう。

 

キリスト教式挙式の流れ

❶新郎入場

❷新婦入場

❸賛美歌斉唱

❹聖書朗読

❺誓約

❻指輪交換

❼牧師による結婚宣言

❽結婚証明書に署名

❾牧師による結婚成立の報告

➓新郎新婦の退場

 

私たちが意識しておくべきなのは、誓約と指輪交換と署名くらいですかね。

 

ちなみに私の時は、事前に入念な練習をするのかと思ったら、結婚式当日に段取りを教えてもらってぶっつけ本番でした。

 

これには驚かされましたね。。。

 

バージンロードを歩く相手は父親以外でもOK!

父親がいないのだけれど、父親以外でもいいのかな?

 

父親じゃなくても大丈夫ですよ。

 

「この人と一緒に歩きたい!」という大切な人と歩きましょう。

 

元々は父親が結婚を許した証として、花嫁を新郎のところまでエスコートするという意味合いがあるそうです。

 

しかしそもそも論として、私たちはキリスト教徒でもないのにチャペル式で結婚式を挙げようとしているんです。

 

あまり慣習にとらわれすぎず、自分の思いを大切にしましょう!あなたの結婚式なのですから。

 

バージンロードの歩き方のコツ

最後にバージンロードの歩き方のコツをお届けしますね。

 

お父さんと入場

✅ゆっくり歩く

✅胸を張って前を向く

✅ブーケはおへそ辺り

✅ドレスを軽く蹴るように歩く

 

ドレスは長くて踏んでしまうとこけそうになってしまいます。ドレスの裾を軽く蹴るようにして歩くと歩きやすいですよ。

 

またブーケって意外とずっしりと重量感があります。おへそ辺りで持つときれいに見えますよ。

 

f:id:kame_reon:20200613124938j:plain

 

新郎と退場

✅新婦は新郎の半歩後ろ

✅新郎は早く歩きすぎないで!

 

ドレスを着ながら歩くのは大変です。新郎さんは早く歩きすぎないように注意しましょうね。

 

f:id:kame_reon:20200613125543j:plain

 

早すぎると思った時は、新郎と組んでいる手を「グイッグイッ」と引く合図をし、うまくコントロールしましょう。

 

まとめ:バージンロードは花嫁の人生

 今回はバージンロードの意味おさらいすると共に、歩く意味など他の人が知らない感動的な言い伝え・由来を解説させていただきました。

 

バージンロードはただの通路なのではなく、深い意味が込められていたんですね。

 

バージンロードは花嫁の人生そのもの

 

意味を知ると一歩一歩の重みが変わってきますよね。是非素敵な結婚式にしてくださいね。