masalog(マサログ)

結婚・節約・投資をテーマに、もっと早く気づけばよかった、人生をちょっと賢く生きるコツを投稿します。

新婚あるある17連発!|男性編・女性編それぞれのあるある

f:id:kame_reon:20200525190621j:plain

・新婚生活ってどんな感じなんだろう?

・旦那にイライラしてるのは私だけ?

・他の新婚さんを覗いてみたい!

 

今回はこんな疑問にお答えします。

 

「新婚あるある」を17個を男性編・女性編に分けてそれぞれ紹介します。

 

当記事の内容

男女共通!新婚あるある9選

男性編!新婚あるある4選

女性編!新婚あるある4選

 

あなたのお宅の「あるある」を教えてくださる方はお気軽にコメント欄に書いて下さいね。

 

それでは一緒に見ていきましょう!

 

 

男女共通!新婚あるある9選

f:id:kame_reon:20200525185553j:plain

まずは男女共通の新婚あるあるを9つ紹介しますね。

 

男女共通の新婚あるある

✅いってらっしゃいのキス

✅一緒にお風呂に入る

✅友達がよく遊びに来る

✅食の違いが分かって面白い

✅結婚式の思い出に打ちひしがれる

✅朝起きて隣にいるのがほっこり

✅些細なことで喧嘩する

✅些細なことでイライラする

✅お金の価値観が違う

 一つずつ見ていきましょう。

いってらっしゃいのキスをする

ドラマのワンシーンでもよく見る「いってらっしゃいのキス」ですが、やはり多くの人に支持されています。

 

憂鬱な仕事でも「いってらっしゃいのキス」があれば、頑張れそうな気がしますよね。

 

ちなみに2013年のロビン・ダンバー博士という研究者によると、キスの回数が多ければ多いほど、

 

  • 相手との関係性が良くなる
  • 長く付き合うようになる
  • 満足度も上がる

 

ということが分かっているそうですよ。

 

いつまでもそんなラブラブな生活が続くといいですね。 

一緒にお風呂に入る

一緒にお風呂に入るのは、カップルの間は混浴風呂でもない限りなかなかできないですよね。

 

夫婦になれば、「一緒にお風呂に入る」という非日常をいつでも味わうことができ、楽しい時間を過ごすことができますよ。

 

恥ずかしがりながらも、洗い合いっことかして見るのも悪くないですね。

友達がたくさん遊びに来る

結婚してすぐは、友達を新居に呼びたくなりますし、友達もきたがるものです。

 

毎週どちらかの友達が新居にきてパーティーするなんてことになった人も多いのではないでしょうか。

 

今まで同じ人とばっかり遊んできたところに、夫婦それぞれの友人とパーティーをすることで新しい刺激をえられるかもしれませんよ!

 

食べてきた物の違いが分かって面白い

新婚生活をしばらく続けていると、相手の作る料理のレパートリーが分かってきます。

 

時折、自分では想像もしなかった料理など出てきたりするので、ワクワクするものです。

 

私は焼き魚の美味しさを再発見することになりました。

結婚式の思い出に打ちひしがれる

結婚式で撮った写真やアルバム、動画がいっぱいありますよね。

 

ふとした時に見返すと、幸せな思い出が蘇ってくるものです。

 

結婚式は高額になりがちですし、準備も大変です。しかし、一生物の思い出になることは間違いないでしょう。

 

当ブログでは、結婚式をクオリティを落とさずできるだけ節約するおすすめの方法を多数紹介しているので是非他記事もご覧くださいね。

 

朝起きて妻・夫が隣にいることがほっこりする

想像してみて下さい。

 

朝起きて隣に好きな人がいると、とても幸せな気分になりませんか?

 

ついつい相手の寝顔を見入ってしまう人も多いのでは...

 

特に長い間一人暮らしをしていた人はより一層強く感じるのではないでしょうか。

些細なことで喧嘩する

新婚ホヤホヤは幸せなことも多くありますが、残念ながら良いことばかりとは限りません。

 

些細なことで喧嘩したりもするものです。

 

  • エアコンの設定温度の好みが違う
  • テレビのチャンネル争い
  • 家事のやり方が気に入らない

 

違う人間が同じ空間で生活しているのですから当然のことです。

 

喧嘩が多いあなたは、相手に求めるのではなく、まず自分でどう解決できるかを考えてみるのが良いかもしれませんね

 

  • エアコンが何度だろうが服で調節すれば良い
  • 観たい番組があるなら録画すれば良い
  • 気に入らない部分を自分でやれば良い

 

些細なところに無駄にエネルギーを使う方がもったいないと思いませんか?

 

些細なことでイライラする

喧嘩まで行かなくても些細なことで、相手にイライラさせてしまっていることもあるかもしれません。

 

  • ドアが開けっぱなしでイライラ
  • 畳み方が雑でイライラ
  • 脱いだ服が出しっぱなしでイライラ

 

あなたも一つくらい思い当たる節はありませんか?

 

些細なことが積み重なってイライラが爆発してしまうこともあるでしょう。

 

自分の行動を今一度振り返って、イライラさせる行動をしていないか考えてみてはどうでしょう。

 

お金の価値観が違う

金銭感覚もその人の育ちによってまちまちです。

 

  • 妻がブランドものを買い過ぎる
  • 旦那がケチケチし過ぎる
  • 旦那がギャンブルし過ぎる

 

過度なものはできるだけカップルの間に見極めておきたいものです。

 

些細なところなら、自分の許せるラインを決めて、夫婦でしっかり話し合うのが良いでしょう。

男性編!新婚あるある4選

f:id:kame_reon:20200525185615j:plain

続いては男性に特化した新婚あるある4選を紹介していきますね。

 

男性編!新婚あるある

✅嫁と呼ぶか、妻と呼ぶか

✅嫁・妻と呼ぶのが恥ずかしい

✅食事が豪華なのは最初だけ

✅夫の方が料理がうまい

 

一つずつ見ていきましょう。

嫁って言うのか、妻って言うのか悩む

今までは「彼女」と呼んでいたのに、これからは「彼女」と呼ぶわけにはいきません。

 

そんな時なんて呼べば良いんだろう??嫁?妻?なんて悩んでしまいますよね。

 

結論から言うと、妻と呼べば良いでしょう!

妻:自分の妻を呼ぶ時の呼び方

嫁:夫の両親が呼ぶ時の呼び方

 

嫁と言われると不快感を感じる人も一定数いるそうです。

 

悩むくらいなら、妻と呼びましょう。

 

嫁・妻っていうのが照れる

そもそもある日を境に「妻とか嫁」と呼ぶことになるとなんだか照れてしまいますよね。

 

もちろん時が経つにつれ、慣れます。今のその恥ずかしい思いは「将来の甘酸っぱい思い出になりますので、逆に楽しんでしまいましょう!

妻の食事が豪華なのは最初だけ

妻の料理が最初は豪華で張り切っていたのに、いつの間にか簡素なものになっている...

 

なんてこともあるようです。

 

ちょと寂しい気もしますが、考え方を変えてみれば、手を抜けるところでちゃんと抜くことができるように人生を効率化できたと言うことです。

 

将来子供が生まれた時にいつまでも、

 

  • しっかり栄養を考えた料理じゃないと
  • 絶対手作りじゃないと
  • キャラ弁を作らないと

 

なんて手作り信者のような考え方でいると疲弊してしまうでしょう。

 

手抜きを覚えることも大事なことです。

 

一人暮らし経験のある俺の方が、料理がうまい?

一人暮らし経験のある夫の方が、実家育ちの妻より料理がうまいなんてこともあるようです。

 

当然経験がある方がうまいに決まっています。

 

自分が初めて一人暮らしをした時のことを思い出して、暖かい目で見てあげましょう。

女性編!新婚あるある4選

f:id:kame_reon:20200525185528j:plain

最後に女性に特化した新婚あるある5選を紹介していきますね。

 

女性編!新婚あるある

✅新しい苗字に慣れない

✅夫と呼ぶか、旦那と呼ぶか

✅夫・旦那と呼ぶのが恥ずかしい

✅幸せがいつまで続くのか不安

一つずつ見ていきましょう。

新しい苗字になかなか慣れない

新しい苗字に慣れない問題は、新婚あるあるの中で最も共感があるものでしょう。

 

  • 病院で呼ばれても反応が遅れる
  • 氏名欄に旧姓を書いてしまった
  • 思わず旧姓で名乗ってしまった

 

新しい苗字に慣れずに、思わず上記のようなことをしてしまったなんて人も多いのではないでしょうか。

 

しかし役所の手続きを経て、新しい苗字になるのは夫婦になった実感をする瞬間でもありますよね。

 

その幸せな思いをいつまでも忘れないでくださいね。

 

夫って言うのか、旦那って言うのか悩む

嫁と呼ぶか妻と呼ぶか問題と同じように、今までは「彼氏」と呼んでいたのに、これからも「彼氏」と呼ぶわけにはいきません。

 

結論から言うと、夫か主人と呼べば良いでしょう!

夫:自分の夫を呼ぶ時の呼び方

旦那:他人の夫を呼ぶ時の呼び方

主人:家の長

 

嫁と同じく旦那と言われると不快感を感じる人も一定数いるそうです。

 

主人か夫と呼ぶと間違いないですね。

 

夫・旦那っていうのが照れる

男性が嫁・妻と呼ぶのが恥ずかしいように、女性もある日を境に「夫とか旦那」と呼ぶことになんだか照れてしまうものです。

 

男性側と同じく時が経つにつれ、慣れます。今のその恥ずかしい思いは「将来の甘酸っぱい思い出」になりますので、逆に楽しんでしまいましょう!

 

この幸せがいつまで続くのか不安になる

幸せすぎて、「この幸せがいつまで続くのか不安になる」と言う人もいるそうです。

 

確かに、妻や夫の愚痴ばかり言っている会社の上司や先輩もたくさんいますよね。

 

大事なのはこの幸せをいつまでも長続きさせるにはどうすれば良いか考えることです。

 

相手に甘えすぎず、いつまでも思いやりを持って接せられるように素敵な生活を送っていきましょうね。

  

まとめ:あなたの”あるある”募集中

 今回は新婚あるあるを17つ紹介しました。共感できる内容はいくつあったでしょうか。

 

あなたの”あるある”も是非教えて下さいね。

 

これから楽しいことも、喧嘩することも多くあると思いますが、夫婦でしっかり話し合って素敵な夫婦生活を送って下さいね。

 

当ブログでは新婚生活のコツなども多数記事を執筆しています。

 

 

是非他記事にも遊びに来て下さいね。