立ち上がれ貧乏人!! ~資本家階級への挑戦~

労働者階級の君たちに捧ぐ。人生をちょっと賢く生きるコツ。

【STP・ECN】初心者こそ理解してほしいFXの注文処理方法【DD・NDD】

f:id:kame_reon:20190208212916j:plain

FXの口座を開設しようとする時ちょっと調べてみるとDD,NDDといったような単語に出くわさないだろうか。

少し調べようと思っても,STPだのECNだの横文字がどんどん出てきて骨が折れてしまう。

しかし,諦めて聞いたことのある身近なFX会社の口座を開設してしまうのではなく,ちょっと我慢して調べてみてほしい。FXというのはどこ業者で口座を開設するのかから勝負が始まっているのだ。

今回はFXのオーダの処理方法についてお話しする。

初心者のあなたこそ理解してほしい。

 FXの注文処理方法

顧客の注文の処理方法は、いくつかの方式に大きく分類される。FXブローカーは以下のいずれかの方式を利用しているか,もしくは内部で組み合わせている事業者もいる。

結論から言うとECN方式かDMA方式を私はお勧めする。

後述するが,業者の透明性が一番大事であると思うからだ。

FXの世界では目先のスプレッドの狭さや聞いたことある企業という罠にはまってはいけない。FXはお金の奪い合いであり,ちょっと気を抜いた瞬間には騙されてしまうことになる。私の意見も鵜呑みにするのではなく自分なりの本質的な判断をしてほしい。

Dealing desk(DD)モデル

f:id:kame_reon:20190208214401p:plain

こちらはFXブローカーに存在するディーラーという存在が注文をさばくモデルである。

顧客はFXブローカーに対して売買取引を行うのだが,DDには「ディーラー(人間」と「プログラム」が存在し,受け付けた注文により,必要があれば顧客同士のオーダーを相殺したり,カバー先銀行等にオーダーを流すなど臨機応変に対応を行ことができる。


カバー先の銀行へ取り次がないで,投資家と反対ポジションを持つ(いわゆるマーケットメイク=呑み行為)こともできる。

つまり,あなたがいくらドルを買っても市場の価格に一切の影響を及ぼさないというわけだ。

最悪の場合(カバー先へ取り継いだり,マーケットメイクすらしたくない場合)注文を拒否することもできてしまう


相対取引,店頭取引,Over The Counter(OTC)方式,マーケットメイカー(MM)方式とも呼ばれる。


ほとんどの日本社のFX会社はDealing desk(DD)モデルを採用している。

今こそご自身が利用しているFX会社の約款や規約等を確認してみてほしい。いざ読んでみるととんでもないことが書いてあるものだ。


DDモデルのFX会社で取引することは,日本人の個人投資家が負ける理由の一因である。
スプレッドも取られて,自分の利食い損切りポジションもディーラーから丸見えで,気に入らなかったら注文拒否などできるのだ。そんな相手と戦ってどうやって勝とうというのであろうか。
「業界最狭水準スプレッド」「口座数No.1」なんていう誘い文句に騙されてはいけないよ。そういうFX会社は大抵DDモデルである。

スプレッドがどんなに狭くてもあなたが負ければ負けるほどFXブローカーの利益になるんだ。ちなみにこのようなFXブローカーと顧客の関係(一方が得をするともう一方は損をする関係)を利益相反関係というよ。

NDD(No Dealing Desk)モデル

f:id:kame_reon:20190208214506p:plain

前述のDDモデルに対してディーリングデスクが無い方式のことNDDモデルという。

Agencyモデルとも呼ばれることもある。

NDDモデルには後述の2タイプが大きく存在する(STPモデル,ECNモデル)。

 

NDDモデルであるということは,前述のDDモデルと違い利益相反関係が成立しないというわけだ。

DDモデルでは,投資家が買い注文を出すとその注文を銀行等のカバー先に流さず,ブローカー自身が売ることができるため(つまり売りポジションを保有する)投資家が負ければ,ブローカーが勝つという関係性が成り立つ。DDモデルのブローカーは何が何でも顧客である投資家を負けさせる必要があるのだ。自分が損しないようにね。


しかし,NDDモデルではディーリングデスクを持たず,注文をカバー先に取り次ぎ,手数料等で稼いでいる。ブローカーは顧客からの注文に対して仲介するだけで基本的には関与しないのだ。よって,顧客が勝とうが負けようがどちらでも構わないわけである。

STP(Straight-through processing)モデル

f:id:kame_reon:20190208214700p:plain

顧客の注文を直接カバー先の金融機関に流す方式であり,発注から約定まですべて自動で行う。しかし,一度FX業者で注文を消化してから処理される場合もSTPモデルと言い,厳密にはNDDではない。カバー先のレートを参照して顧客へスプレッド分を上乗せした価格で提示する。

FX会社で注文を吞まれてしまうのかダイレクトに注文を流してくれるのかを判断するにはもう一段階細分化する必要がある。

一旦FX会社で注文を呑むパターンをSTP方式の中でもInstant Executionと言う。

反対に,カバー先に直接注文を流す方式をMarket Execution=Direct market access(DMA)方式と言う。


ECN(Electronic Communications Network)モデル

f:id:kame_reon:20190208214558p:plain

株式等を売買する証券取引所と同じように、電子証券取引所のサーバー上に構築されたマッチングシステムによって,個人投資家やファンド等の参加者の売買を突き合わせて取引を行う方式である。つまり,自身の注文がFX会社を経由せずに自動的にマッチングされる。

FX会社が意図的に注文を操作する余地がないというわけである。

聞きなじみのなるものとして,日本で提供されているものはくりっく365等が知られている。

まとめ

ひとくくりにFX会社と言っても注文の処理方法は実に様々だ。

結論を言うと私はDMA方式かECN方式の注文処理方式をお勧めする。顧客と利益相反関係が成立せず我々を意図的に負かそうという意思が発生しにくいからだ。

日本に存在するFX会社は有名人を起用したり,何とかランキングNo.1を謳ったりして口座を開設させようとするが,残念ながらほとんどの業者がDDモデルである。

本当にFXで勝ちたいと思っているなら口座選びから真剣に考えるべきである。

 

以 上