立ち上がれ貧乏人!! ~資本家階級への挑戦~

労働者階級の君たちに捧ぐ。人生をちょっと賢く生きるコツ。

【いまいち!?】maneoで1年間投資した結果をレビューする

2018年の約一年間でソーシャルレンディングでNo.1のシェアを誇るmaneoで投資を行ってみたのでレビューしたいと思う。

 

結論から言うと,儲かりはしたが後述の理由であまり魅力的であるとは思わなかった。

私は積極的に今後も利用していこうとは思はない。

しかし,ソーシャルレンディングという仕組み自体はとてもおもしろいカニズムであり,理解しておいて損はない。

 

ソーシャルレンディングとは

f:id:kame_reon:20190101110606p:plain

 ソーシャルレンディングとはネット上で「お金を借りたい人」と「お金を貸したい人」を結びつける仕組みのことである。

ネット上で「借り手」と「貸し手」を銀行を介さず直接結び付けることにより,低いコストでお金のやり取りができることがポイントである。

「貸し手」となる我々のメリットは銀行等に預けるよりはるかに高い金利収益を得ることができる。年利8%,9%の案件も存在するほどだ。

また,1万円~3万円で始めることができ,参集障壁はかなり低い

maneoとは

f:id:kame_reon:20190102135456p:plain
 maneoとは,一言で言うと国内シェア50%以上の最大手のソーシャルレンディングサービスを扱う事業者である。 

 

あーだこーだ記載するよりmaneoの公式動画を見てもらった方が早いと思う。

かなりわかりやすい。

www.youtube.com

「不動産投資を行うほどお金はないし,株やFX程リスクを取りたくないけど,銀行に預けっぱなしは嫌だ。」

という人向けのミドルリスクミドルリターンの投資を可能とする一つの方法である。

maneoで一年間投資した結果

f:id:kame_reon:20190102124750p:plain

 結果としては,約15,000円の利益になった。

元本は50万円で始めたのだが,常に50万円を一年間フル回転させていたわけではないので利益としてはそこまでの金額にはなっていない(表示上元本がなぜか70万円で計算されているのは全く意味不明である。わかる人がいたら教えていただきたい)。

私は利回り8%前後で短期の案件を見つけたら分散して投資をしていた。

maneoがあまり魅力的でなかった理由

f:id:kame_reon:20190102135909p:plain

端的に言うと,どこのどいつに投資しているか分からないからだ。

maneoで募集している案件では大抵「今回の借り手は,事業者Cです。」などと借り手が匿名になっている。

案件についての簡単な説明は記載されているが,安心して投資するには情報が不足しすぎている。

当然ながらmaneo側での審査を通った案件のみ募集がされるわけだが,投資において一番肝となる「投資対象として適格かどうかの判断」の部分をmaneoに丸投げした状態になってしまう。

これでは自分自身の投資スキルが養われることはなく,全く成長しないのだ。

 

2019/3/13追記:

金融庁からソーシャルレンディング業界へ興味深い促しがあった。

貸付先の匿名化が終了するかもしれない。

kame-reon.hatenablog.com

maneoはこんな人たちにお勧め

f:id:kame_reon:20190102140156p:plain

「投資には特に興味はないけど,比較的安全に銀行に預けているよりは金利収益を得たい」こんな人たちにはmaneo等のソーシャルレンディングはおすすめと言えるだろう。

f:id:kame_reon:20190102132042p:plain

ここ最近返済が延滞している案件がちらほら出てきており,自信をもってmaneoを推奨はできないが,元本割れが発生した案件は1件もない。

元本割れリスクが少なく,利回り5%~8%くらいを得るために、ソーシャルレンディングを活用することは有効と言えるだろう。

もちろんmaneo以外にもソーシャルレンディングができるサイトはたくさん存在する。

カメレオン流投資案件の選び方

f:id:kame_reon:20190102140341j:plain

最後にソーシャルレンディングに興味を持って頂いたあなたにおすすめの案件の選び方を紹介しよう。いざ始めようと思ってもたくさんの案件が存在しどれを選べばよいか悩むはずである。

少額を分散して投資

先に述べたように,maneoでは借り手が匿名になってしまっており,どこのどいつにお金を貸しているのかが分からない。maneoの厳正なる審査を通過したとはいえ自分で判断したわけではないのでやはり不安だ。

よって,少額を分散して投資することをお勧めする。

元本割れが発生した場合のダメージを最小限にとどめるためだ。

運用期間が短いものに投資

前述と同様の理由で,匿名の相手に長い間自分の大切なお金を預けておきたくはない。私は基本的に運用期間が1か月~5か月の案件のみに絞って投資を行った。

運用期間が長いものだと36か月の案件等もあるが,3年後その会社がどうなっているかなんて予測できるわけがない。

長期間不明な相手にお金を預けておくなんて到底できないので,私は短期の案件をお勧めする。

上記方法のデメリットとしては,2つある。

・すぐに次の案件探しを始めなくてはいけなくなり若干手間

・元本をフルで回転させにくいので投資効率が落ちる

しかし,外れくじを引き元本割れしてしまうだけで,今までの利益が吹き飛んでしまうことを考えると手間をかけて安全に投資を行うことをお勧めする。

まとめ

・投資にはさほど興味はないが,銀行にお金を眠らせてしまっている人

・不動産投資・株・FXはリスクが高くて,二の足を踏んでいる人

 

投資の第一歩としてソーシャルレンディングという方法を活用するのは悪くないだろう。

 

以上

 

kame-reon.hatenablog.com