masalog(マサログ)

結婚・節約・投資をテーマに、もっと早く気づけばよかった、人生をちょっと賢く生きるコツを投稿します。

ブライダルフェア1件目ってばれるの?1件目来店特典が欲しい!

f:id:kame_reon:20200122223039p:plain

・ブライダルフェア1件目の特典が欲しい!

・本当は1件目じゃないんだけど、ばれるのか不安...

 

今回はこんな疑問にお答えしますね。

 
私の簡単プロフィール

🤵ブライダルフェア参加経験3回以上

🤵挙式・披露宴実施済み

🤵ウェディングプランナーと戦い100万円程度コストカット

🤵賢く節約するための記事を投稿中

ブライダルフェア1件目来店特典と言うものが、結婚ポータルサイトで用意されている場合があります。

 

本当は2件目だけど、1件目来店特典欲しさに、嘘ついちゃおうかな。。。

 

こんなことを不安に思っていませんか。 

 

結論から言うとばれないですよ。

 

なぜなら、ばれる理由がないから。

 

結婚式場側が、あなたの今までの人生でのブライダルフェア参加経験を知っている理由がどこにあるでしょうか。

 

逆にあなたの個人情報を結婚式場側が知っていたら怖くないですか?

 

堂々と「1件目です!」と主張すればOK。

 

正直者のあなたは心の中で、

「(今週)1件目です!」

などと心の中で呟けば良いのではないでしょうか。

 

以下ではブライダルフェアの参加が1件目かどうかがバレるのか深掘りしていきますね。

 

後半ではブライダルフェア参加のコツも紹介します。

 

この記事の内容

✅ブライダルフェアの回数はバレない

✅バレてもリスクはない

✅来店特典貰うより、やるべきこと

✅本命の式場には3件目に行こう! 

ブライダルフェア1件目かはばれない

f:id:kame_reon:20200122220900j:plain

前述の通り、ブライダルフェアへの参加が1件目かどうかはバレることはないですよ。

 

理由は簡単。

 

結婚式場側が「あなたが何件目に式場に訪れたか」のデータなんて持っているわけがないから

 

万が一あるとしたら結婚ポータルサイトから式場来店データを買っている場合とか。

 

でもそんなことしたら「リクナビ内定辞退予測問題」並にやばいです。

 

リクナビ内定辞退予測問題

就職情報サイト「リクナビ」を利用した学生の内定辞退率を予測したデータが無断で企業に販売されていた問題。

 

 もちろん同じ式場に2回訪れる場合は、結婚式場にデータが残っている可能性があるので、バレる可能性高め。

 

そうでないなら、あなたが「1件目です!」と主張している限り1件目であり、来店特典ももらえるでしょう。

 

しかし結婚目前の時期にわざわざ嘘をつくことは、良心も傷づくし、推奨はしません。

 

1件目特典に拘らずとも、例えばハナユメから来店予約で、最大45,000円分のギフト券がもらえます。

 

条件もそこまで厳しくないし、私もハナユメから予約してギフト券をもらいましたよ!

ウェディングプランナーにはばれるかも

f:id:kame_reon:20200122215459j:plain

可能性があるとしたら、ウェディングプランナーにバレてしまう可能性。

 

あなたがブライダルフェアの立ち振る舞いにこなれ感が出ていたらプランナーは違和感を感じますよね。

 

ウェディングプランナーには、

「こいつ絶対1回目じゃないな!」

と気づかれる可能性はあるかも。

 

しかし特段大きな問題はなですよ。

 

なぜなら、気づかれたところで

「1回目じゃないですよね?」

なんて失礼なことを見込み客に対して言うわけはないから。

 

万が一聞かれたとしても「1回目です!」の一点張りでOK!

 

結婚式場側にとっては、来店してもらうことが目的であり、1回目かどうかなんてどうだって良いはず。

 

またパワーをかけて1回目かどうか詮索したところで結婚式場側に何もメリットもないし、ウェディングプランナーもそんな暇じゃない。

 

ウェディングプランナーにバレるかどうかは特段気にしなくて大丈夫です。

ブライダルフェア1件目来店特典がある理由

f:id:kame_reon:20200122215901j:plain

それではなぜ1件目特典などと言う、初回だけに特化した特典があるのでしょうか。

 

推論にはなりますが、ブライダルフェア1件目来店特典がある理由は以下が考えられます。

 

✅1件目は比較対象がないので、高額で成約させやすいため

 

ゼクシィ結婚トレンド調査2019によると全国のブライダルフェアの平均予約数は2.2件。

ブライダルフェアの平均予約数:2.2件

ほとんどの人は1~3件の来店で結婚式場を決めてしまいます。

 

よって、結婚式場にとって1~3件目の来場者は成約する確率が高いこととなりますよね。

 

尚且つ、1件目に来場した人は比較する結婚式場がなく相見積もりが取れません

 

結婚式場側の言い値で(高額で)成約させることができる可能性が高いんです。

 

  • 1~3件目の来場者は成約する確率が高い
  • 1件目来場者は相見積もりが取れない

上記2つの理由により1件目来店特典を設けることで集客しようとしていると考えられます。

 

1件目来店特典を餌にして、高額な成約をさせようとしているというわけ。

 

来店特典に固執するよりも、やるべきこと

f:id:kame_reon:20200122220151j:plain

1万円程度の来店特典に固執するよりも、もっとやるべきことがありますよ!

  • 結婚式の知識武装
  • 値段交渉

重要なことは結婚式の事前知識を仕入れた上で、プランナーと交渉すること

 

結婚式の見積もりはびっくりする程「言い値」の世界。

 

プランナーと我々の知識の差を武器に高額な料金をふっかけてきます。

 

我々は事前に知識武装をして、交渉することで誰でも数十万円くらいは安くすることができます

 

あなたは知っているかもしれませんが、初期見積もりは最低限のものしか見積もられていません。

 

例えば、

  • お色直し分の衣装は入っていない
  • アクセサリーやインナーも入っていない
  • エンドロール・ムービ等も入っていない
  • 親族の衣装代も入っていない

なんてこともあるだろう。

 

しかも最低ランクのクオリティで見積もられているんです。

  • シンプルすぎるドレス
  • 1段のケーキ
  • ささやかすぎるテーブルフラワー
  • 少なすぎる写真枚数

初期見積もりから追加料金やランクアップにより最終見積もりは100万円以上平気で上がってしまいます。 

 

ウェディングプランナーの言いなりになっていると、目も当てられない金額になっちゃうことも(汗)

 

そんなことにならないために知識武装して値段交渉をしましょう。

本命の結婚式場は3件目に行こう!

f:id:kame_reon:20200122220357j:plain

当記事では本命の式場は3件目に行くことをおすすめします

 

理由は以下の2つ。

 

・相見積もりが取れるから

・たくさん行くと疲れるから

 

以下で詳しく見てみましょう。 

相見積もりが取れるから

結婚式の費用をできるだけ節約するには、成約する前が一番肝心!

 

これは様々なサイト・ブログでも言われていることであり、あなたもご存知かもしれませんね。

 

成約する前に、できるだけ金額を下げる必要があります。

 

成約したら初期見積もりを土台にした値下げ交渉しかできないからです。

 

土台が固まる前じゃないと大きな値段交渉はできません。

 

土台の初期見積もりの値下げをするために絶対行う必要があることが、「相見積もり」

 

結婚式場側も何の理由もないのに、値段は下げてくれませんよ。

  • 今日申し込んでいただければ、50万円安くします!
  • お客様限定の特典を付けます!

どこの結婚式場でも上記割引レベルはあります。

 

しかしこれは誰にでも言っているただの営業トークで、織り込み済みの割引。

 

当ブログを読んでいただいているあなたにはこれ以上の割引を実践して欲しいです。

 

  • 1件目はちょっと安めの結婚式場に行き、見積もりをもらう
  • ちょっと高い2件目の式場では1件目の見積もりを出して、もっと安くしてもらう
  • 2件目と同じレベルの本命の3件目で2件目の見積もりを出し割引交渉

 

時間に余裕があるなら、2件目の式場に3件目の見積もりを出して、さらに安くしてもらった見積もりを3件目に突きつけてループさせてもいいかもしれません。

 

2件目と悩んでいるなんて言えば、「上司と掛け合ってみます」などと簡単に割引してくれるはずです(経験済)。

 

なぜ相見積もりが重要なのか。

 

ウェディングプランナーの気持ちになって考えてみれば分かるはずです。

 

自分の裁量ではコントロールできない部分は上司の承認がいります。

 

上司に交渉しに行く時を想像してみてください。

  • 手ぶらで交渉しに行く
  • 他結婚式場の見積もりを持って交渉しに行く 

どちらが承認を得やすいと思いますか?

 

ウェディングプランナーも上司も値下げする理由が欲しいんです。

 

我々はウェディングプランナーに値段を下げられる納得感のある理由を提供してあげることでスムーズに値下げ交渉が進みますよ。

 

一言言うだけで、数十万変わります。

 

一例を上げると私は他結婚式場の見積もりを出して交渉したら、

挙式代:25万円

披露宴部屋代:12万円

がどちらも無料になりましたよ!

 

元々ハナユメ割りで半額になり、残りの半額はご成約特典と言う名目で無料になりました。

 

わずか一万円程度の1件目特典がバカらしいと思いませんか?

 

●ハナユメ割りって何??

ハナユメ割りは、式場が「埋めたい挙式時期」をおトクに提供するサービス。

 

同じ結婚式が100万円以上割引されることもあるおトクなサービス。

 

おトクな結婚式予約サービスHanayume(ハナユメ)はこちら

>>Hanayume(ハナユメ)

ブライダルフェアはたくさん行くと疲れる

ブライダルフェアにいく前は「何件も行こう!」と張り切って、意気込む気持ちはよく分かります。

 

しかしいざ行ってみると、1件行くだけでも結構疲れます

 

午前中から動き出せば、1日に2件回れないこともないが、夜はヘトヘト。

 

実際66.4%の人がブライダルフェアに行った回数は3件以下です。

f:id:kame_reon:20200122174708p:plain

ゼクシィ結婚トレンド調査2019より

値段交渉してできるだけ安くするのはとても重要なことです。

 

しかしたくさん回ってパートナーとケンカしたり、疲弊してしまったら本末転倒。

 

一番重要なことは、一生の思い出に残る結婚式を挙げることですよね!

 

隣のパートナーの顔色もうかがいながら、賢く節約しましょう。

まとめ:1件目来店特典と言う美味しそうな餌に騙されちゃダメ!

 今回はブライダルフェアへの参加が1件目だと嘘をついてバレるのか!?

 

から始まり、

来店特典をもらうことよりも結婚式の知識武装をして値段交渉をすることの方が遥かに重要であることをお伝えさせて頂きました。

 

結婚式側はせいぜい1万円程度の1件目来店特典を餌にして、数十万円以上高いような高額な結婚式代をふっかけてこようとしています。

 

ウェディングプランナーは優しいお姉さんかもしれませんが、言い値の世界のなかなかエグい業界。

 

一生に一回かもしれないが、一生に一回だからこそ最高の結婚式にするために知識武装して賢く節約しよう。

 

当ブログでは結婚式のおトクな節約方法についても投稿しているので、他記事も是非ご覧いただければ幸いです。

 

以 上

 

🤵👰結婚式代の節約法👰🤵 

kame-reon.hatenablog.com

kame-reon.hatenablog.com

 

🤵👰私のブライダルフェア体験談👰🤵

kame-reon.hatenablog.com

kame-reon.hatenablog.com

kame-reon.hatenablog.com