立ち上がれ貧乏人!! ~資本家階級への挑戦~

労働者階級の君たちに捧ぐ。人生をちょっと賢く生きるコツ。

【コスパ重視必見】世界の2大ダイヤモンドオンラインショップで格安で高品質な婚約指輪(ダイヤ)を買おう【JAMES ALLEN】

f:id:kame_reon:20181127210645p:plain

日本のジュエリーショップで販売されているダイヤモンド(婚約指輪)は市場価格からかけ離れた値段であり,より適正価格に近い価格で購入するにはどこから手に入れればよいかといった内容について前回お伝えさせていただいた。

kame-reon.hatenablog.com

圧倒的低価格でダイヤモンドを購入することができる世界の2大ダイヤモンドオンラインショップのひとつとして,米国にBLUE NILE(ブルーナイル)という優良企業が存在することまでご理解いただいたと思う。

 

そんなBLUE NILEのライバル企業となる世界の2大ダイヤモンドオンラインショップのもうひとつの方の企業であるJAMES ALLEN(ジュエームス・アレン)について紹介させていただこう。

 

JAMES ALLEN ってどんな会社?

James Allen

JAMES ALLEN(ジュエームス・アレン)とは2006年に設立された10年以上続く米国のオンラインダイヤモンド&ジュエリーショップである。

200,000以上のダイヤモンドを最大20倍拡大360℃HD画質で閲覧することができる唯一のオンライン販売店だ。

 米国ではBLUE NILE vs JAMES ALLENなんて記事が多々あり,甲乙つけがたい2大ダイヤモンド&ジュエリーショップである。

圧倒的低価格(日本の半額以下)のJAMES ALLEN

我々日本人から見たら,BLUE NILE 及び,JAMES ALLENどちらのブランドも圧倒的に低価格で高品質なダイヤモンドを購入できる。日本の小売店で購入するより50%もしくわそれ以上安く購入できるだろう。

f:id:kame_reon:20181127181811p:plain

上記図は、6本爪のシンプルなソリティアリングで比較した結果である。 

いずれもプラチナのリングに0.25カラットのダイヤモンドをつけた条件だ。

 

今回比較する候補として選んだブランドは,日本人が訪れるであろうブランドショップ(TIFFANY&Co.,4℃)と私が以前おすすめしたBRILLIANCE+ そして,世界2大オンラインショップであるBLUE NILEJAMES ALLENだ。

 

>>BRILLIANCE+ って何って方はこちらへ!

【コスパ重視派必見】BRILLIANCE+で婚約指輪を選ぶべき4つの理由 - 立ち上がれ貧乏人!! ~資本家階級への挑戦~

 

TIFFANY,4℃のダイヤのクオリティは定かではないが,BRILLIANCE+ ,BLUE NILE,JAMES ALLENではそこそこのクオリティのダイヤモンドで比較した。

Gカラーの透明度はVVS1でカットはエクセレントのものである。

 

上記表を見ていただければ一目瞭然だが,やはりBLUE NILEJAMES ALLENが突出して安いことがよくわかる。

 

BLUE NILEJAMES ALLEN共にTIFFANY,4℃の半額以下である。

低価格を売りにしているはずのBRILLIANCE+ でさえ,JAMES ALLEN1.3倍である。

JAMES ALLENのダイヤの品質

JAMES ALLENで販売されているダイヤモンドには,最も厳正な鑑定基準で知られる信頼ある独立したダイヤモンド鑑定機関のGIA,AGS,IGI等が厳正な評価基準を元にランクをつけた鑑定書がついている

そして,何よりも驚くことにワンクリックで鑑定書の電子版をサイト上から閲覧することができるのだ。

 

f:id:kame_reon:20181127185706p:plain

日本のブランドショップで鑑定書まで見せてもらえる販売店など聞いたことがない。

BLUE NILEでも同様に鑑定書を閲覧することができ,海外ではもしかしたら当たり前なのかもしれない。

特筆すべき360℃HDディスプレイ技術

ジェームス・アレンのすべてのダイヤモンドは,360℃HD画質で20倍まで見ることができ,ダイヤモンドの美しさ,形,切れ味,色,内包物や輝き度合い等が鮮明に映し出されている。

f:id:kame_reon:20181127165600p:plain

こちらはI1クラスという透明度において相当ランクの低いダイヤモンドである。中央部にもやがかかって見栄えが悪いことがよくわかる。

 

一方,右側の画像は同ダイヤモンドの実寸大の画像である。これだけランクの低いダイヤモンドだが,実寸大にするとほとんどわからないと言える。個人の価値観に合わせてどのように輝くのかリアルなイメージを膨らませながら考えることができる。

 

ついつい拡大画像ばかりみてしまい,「ここ微微細なキズがある!」などと肉眼では到底見えないであろう粗さがしをしだしてしまうので,実寸大画像も用意されているのは嬉しい。

 

こちらが360℃HD画像である。

f:id:kame_reon:20181127191405g:plain

 

編集の都合上高速で回転しているが,実際はもっとゆっくりゆっくり回転しており,止めたり,回転方向を変えたり自由自在だ。

そして,BLUE NILEと比べると画質の違いが歴然としている。

 

>>BLUE NILEの360℃回転動画レビューはこちら

https://kame-reon.hatenablog.com/entry/blue-nile

 

また,右上に拡大率の調節ボタンがついており,好きな場所を好きな拡大率でみることができるのだ。是非とも体験してみていただきたい。

150,000+ Loose Diamonds - All Magnified in 360° HD | JamesAllen.com

 

f:id:kame_reon:20181127165629p:plain

ちなみに,360℃HD動画以外にも上記のような画像も見ることができる。

右から

・ダイヤの360℃HD動画(20倍まで)

・側面図

・上面図

・鑑定書のPDF

・40倍まで拡大できるスーパーズーム機能

これらの機能によりダイヤモンドを隅々まで観察することができるのだ。

送料無料で返金保証も有り

海外からダイヤを購入するとなると送料がバカにならないかとお思いかもしれないが,BLUE NILEと同様商品を購入すると世界中どこにでも,注文金額も関係なく無料で配送される。だいたい1~3週間で出荷されるそうだ。

 

また思った商品でなかったら,30日以内なら返金も可能だ。

オンラインショップであることの不安要素をほとんど払拭できているとは思わないだろうか。

 

ちなみに,リングを購入するとこんな豪華な箱に入れられてくるそうだ。

細かいところで粋な計らいをしてくるところは好感が持てる。

彼女もきっと喜ぶだろう。

f:id:kame_reon:20181127184429p:plain

最後まで読んでいただいたあなたには,汗水かいて働いたなけなしのお金を高すぎるダイヤモンドに費やしてしまはないでほしい。

 

もちろん価値観は人それぞれであるが,「本質的なモノの価値」にできるだけ適切な値段を払いたいという方向けの記事である。

 

参考にしていただければ幸いだ。

JamesAllen Rings

>>Blue Nileについてはこちら

kame-reon.hatenablog.com

以 上