masalog(マサログ)

結婚・節約・投資をテーマに、もっと早く気づけばよかった、人生をちょっと賢く生きるコツを投稿します。

【デートに】西部旅するレストラン52席の至福体験レビュー【途中下車で氷柱】

f:id:kame_reon:20190215235325p:plain

「西部旅するレストラン52席の至福」という定員52名の観光電車を利用して秩父に旅行に行ってきたので,体験レビューを記したいと思う。

西部旅するレストラン52席の至福とは

f:id:kame_reon:20190211222200j:image

西部旅するレストラン52席の至福とは「池袋~西武秩父駅間・西武新宿~西武秩父駅間・西武新宿~本川越駅間など」を運行する定員52名の観光電車により,食事を楽しみながら優雅な西武鉄道の旅を提供するサービスである。

極上の料理と美しい四季。

52席限定で味わえる、優雅な西武鉄道の旅。

新しい旅のスタイルを提供すべく、各方面のスペシャリストが終結した、西部旅するレストラン「52席の至福」。

西武鉄道沿線の代表的な観光地である「秩父」をモチーフとしたデザインの非日常的な空間の中で、景色の移ろいと著名シェフが監修する、季節の美しい料理を味わいながら、優雅で特別な時間を体験してみませんか。

西武 旅するレストラン 52席の至福 より引用

1車両に26席のみ配置されており,食事を楽しみながら池袋駅から約3時間かけ秩父へ旅行に行くことができる。

 

ブランチコース(10,000円)とディナーコース(15,000円)等がありご自身の旅行のプランに合わせて楽しむことができる。

f:id:kame_reon:20190215235647p:plain

西部旅するレストラン52席の至福体験レビュー

f:id:kame_reon:20190211222210j:image

私はブランチコースを利用して秩父へ旅行に行ってきた。

 

電車乗りこみ時にボーイさんのような添乗員が予約確認を行い,いざ乗り込むと上着を預かってくれる。

 

「特別感・限定感」を表現していると謳っているだけあって,電車に乗り込むのに高級レストランに入るような気分になった。

 

電車が走り出して間もなくするとお待ちかねのお食事タイムとなる。

52席の至福のブランチコース

 f:id:kame_reon:20190216002149j:image

今回私は上記の通りのメニューを楽しませていただいた。

どれもこれも非常に美味であった。

秩父の野菜畑 シーザーサラダのイメージで

f:id:kame_reon:20190211222146j:image

最初の料理が運ばれてきた。

こんなにおしゃれなシーザーサラダは初めて見た。

 

食事を運んでくるお姉さんが料理の内容について説明してくれるまさに高級レストラン方式である。

 

半熟卵を割るとドロッと赤に近いオレンジ色の黄身が出てきてとても濃厚な味である。

野菜一つ一つがとても美味しい。

 

電車であることにより,アルコールが飲めるのもまた嬉しいことである。

マスターズドリームをチョイスしている当たりがセンスを感じる。

 

ちなみに,アルコールは有料だが,ソフトドリンクなら料金は入っており飲み放題である。

f:id:kame_reon:20190216002334p:plain

川越戸田農園のほうれん草と粒外のスープ

f:id:kame_reon:20190211222135j:image

スープとあるが実はこれはパスタである。なんていうパスタかは忘れてしまったが,小さなコロッとしたパスタである。

 

ほうれん草ソースの風味が広がりつつも要所要所でつぶ貝の魚介の味わいがしっかり主張してくる。始めて食べた味であったが非常に美味しかった。

(こんな食レポ風な記事を書いたことはないので非常に恥ずかしい。)

小江戸黒豚バラ肉とハーブ香ポルペッティ

f:id:kame_reon:20190211222119j:image

いよいよメインディッシュである。

 

左側が豚バラ肉で右側がポルペッティである。ポルペッティとはイタリア料理の一つであり肉団子のようなものである。こちらも文句なしに美味しかった。

 

だがしかし,私がここで語りたいのはまさかの話だが,メインディッシュの写真後方に写りこんでいるパンである。

 

このパンができたてほやほやで,バカなんじゃないのってくらいうまい

 

「そのままでも美味しいですが,是非メインディッシュとお食べください」と言われたが,そのまま一個食べてしまった。

 

電車内でパンを作れるようになっているのかは定かではないが,びっくりするくらい美味しいパンであった。

 レアチーズムースと2種のジェノワーズショコラ

f:id:kame_reon:20190211222100j:image

冬のイチゴは間違いない。文句なしに美味しい。

よこぜのおいしい紅茶と共に頂いた。

芦ヶ久保駅で30分間散策タイム

ブランチコースでは途中駅である芦ヶ久保駅で30分間程度の停車時間がある。

この間に駅前を散策することができる。

 

大抵の人たちは駅前の道の駅「果樹公園あしがくぼ」で外の空気を吸ったり,お買い物等を楽しむ。

 

しかし,冬の芦ヶ久保と言ったら、、、

芦ヶ久保の氷柱弾丸観光


f:id:kame_reon:20190216010558j:image
こちら氷柱である。芦ヶ久保の氷柱は秩父3大氷柱の一つであり,他の二つと比べて一番アクセスしやすい場所でもある。

 

2019年1月5日(土)〜2月24日(日)の間氷柱を見ることができる。夜にはライトアップも行っており,冬の幻想的な氷の世界を体験することができるのだ。

 

さて,芦ヶ久保の氷柱の会場がどこにあるのかというと、、、

 

西武秩父線 芦ヶ久保駅下車 徒歩10分」

 

停車時間は30分!ギリいける!

 

10分で行って,10分見て,10分で帰ってくるというかなり弾丸な途中下車の旅になるが,結論から言うとダッシュせずとも小走りor早歩きレベルで十分行くことが可能である。写真も十分に撮ることもできる

 

ただし,入場する際に300円でチケットを購入する必要があるのだが,長蛇の列をなしているようだとthe endである。

 

チケット購入を並ばずにすんなり購入できる場合は,停車時間内に十分にあしがくぼの氷柱を楽しむことができる。

 

ちなみに隣に座っていたおじさま二人組もどうやら30分の停車時間に氷柱を見に行ったようだが無事時間内に帰ってこれた。「あー走った!走った!」とひぃーひぃー言っていたが。

現地に行かなくても,車内から芦ヶ久保の氷柱は見れる!

f:id:kame_reon:20190216012828j:plain

脚力に自信がないあなた。がっかりするのはまだ早い。

 

現地に赴かなくても芦ヶ久保の氷柱は電車内からみることができる

 

電車は幸運なことにちょうどあしがくぼの氷柱会場の横を通過するのだ。通過するといっても当然お客さんが写真を撮りたいのは向こうも分かっているので,しっかり氷柱会場の前で一時停車してくれる。

 

そこで,芦ヶ久保の氷柱の写真撮影を行うことができるのだ。

まとめ

ブランチコース(10,000円)で移動費と高級レストラン並みの料理と接客がついていることを考えると,満足感は大きくちょっと贅沢な旅をするのに丁度よいプランであると感じた。

 

お酒をたくさん飲んだので結局14.000円になっちゃったんですがね笑

 

ちなみに日帰り旅行を考えているのなら,乗車券として一日乗車券をもらっているので帰りの切符も買う必要がない。

一年を通して秩父は楽しむことができるだろう。

日々の労働の癒しにちょっと贅沢な旅をしてみてはいかがだろう。

 

それでは。

www.seiburailway.jp