masalog(マサログ)

結婚・節約・投資をテーマに、もっと早く気づけばよかった、人生をちょっと賢く生きるコツを投稿します。

持ち込み禁止の結婚式場にカメラマンを無料で持ち込む方法

f:id:kame_reon:20190911153300p:plain

f:id:kame_reon:20200514113157p:plain

  • 当結婚式場はカメラマンの持ち込みを禁止しております。
  • カメラマンの持ち込みには〇〇万円の持ち込み料が必要です。

ウェディングプランナーと話を進めている中でこのようなことを言われて悩んでいないでしょうか。

 

言われたことを「そうなんだ」と思い、受け入れてしまうのは当然のことですが、結婚式の費用に関してはウェディングプランナーの言いなりになってはいけない点が多々あります。

 

結論から言うとほとんどの場合、持ち込み禁止会場でも持ち込み料なしで外部のカメラマンを持ち込んで撮影を行うことができるんですよ。

 

結婚式は基本的に人生で一回の行事であり、我々は知識に疎いです。

 

一方、結婚式場側の要員は毎日何組もの結婚式を執り行っており、プロであることは言うまでもありません。

 

この知識のギャップを突かれ、我々は必要以上に多くの金額を請求されてしまうことが多々あります。

 

f:id:kame_reon:20200711184301p:plain

ひとこと言うか言わないかで数万円〜数十万円変わる世界なんです。

 

つまり、我々も事前に知識武装をして金額を下げれるところは下げていく必要があるということです。

 

今回は持ち込み禁止会場でもほとんどの場合持ち込み料なしで外部のカメラマンを持ち込んで撮影を行うことができることについて共有しますね。

 

ちなみに、私は外部のカメラマン2名持ち込みする際に、ウェディングプランナーより持ち込み料として20万円の費用がかかると説明を受けました。

 

しかし、後述の方法により持ち込み料なしで無事に挙式・披露宴共に撮影いただくことができましたよ。

 

 持ち込み禁止会場でもカメラマンを持ち込みできる

f:id:kame_reon:20190911154010p:plain

 

ストレートに「外部のカメラマンに依頼したい」とウェディングプランナーに言ってしまうと、

 

  • 当結婚式場はカメラマンの持ち込みを禁止しております。
  • カメラマンの持ち込みには〇〇万円の持ち込み料が必要です。

 

上記の2パターンになってしまう可能性があります。

 

そこでどうするかと言うと、他の参列者と同じようにゲストとして招くことで高額な持ち込み料金を回避して撮影することができるのです。

 

結婚式場にカメラマンを持ち込む方法

✅カメラマンにゲストとして参列してもらう

 

あくまでも通常のゲストと同じ扱いなので披露宴用の食事代は発生しますが、高額な持ち込み料を回避してカメラマンを調達することができますよ。

 

ウェディングプランナーへは、

f:id:kame_reon:20200711184301p:plain

友達がカメラマンをやっているのでその人に撮ってもらいたいんです!

なんて適当なことを言っておけばOKです。

 

当然ウェディングプランナーはいい顔はしませんが、そこは堂々と「友人です」と構えていれば良いのです。

 

間違っても「友達と言う立て付けで、、、」なんていう必要はありませんよ。

 

これにより外注という扱いではなく、ゲストと言う位置づけになるので外注禁止の結婚式場でもカメラマンを実質持ち込みすることができるのです。

 

カメラマンが業者とバレないか心配なあなたへ

f:id:kame_reon:20190911170252p:plain

「バレないか心配」という心配性のあなたも安心して大丈夫ですよ。

 

f:id:kame_reon:20200711184301p:plain

おそらく普通にバレていると思います笑

 

しかしながら「友人です」と宣言さえしてしまえば、結婚式場側としては断れる理由がなくなってしまうのです。

 

「友人です」と言われてしまった場合のマニュアルに従って、ウェディングプランナーは対応するだけです。

 

彼女たちだって何件ものカップルを抱えて忙しいし、面倒なことは避けたいはずですよね。

 

「実は友人じゃないんじゃないですか?」なんて聞くことは、ウェディングプランナーにとって大きなリスクです。

 

「そんなこと言うなんて、飛んだ失礼なやつだ!」とお客さんに言われようものなら面倒な問題に発展しかねないからです。

 

当然一生懸命真相を暴いたところで、一担当であるウェディングプランナーの給料が上がる訳ではありません。

 

プランナーにはメリットがないどころか、目の前のお客さんとの仕事がやりづらくなるというデメリットが発生します。

 

どう考えたって、ウェディングプランナーが深く追求しようなんてモチベーションが出てくるわけがないのです。

 

持ち込み禁止の結婚式場でも99%撮影が可能

f:id:kame_reon:20190911163758j:plain

 

上述の方法により、持ち込み禁止で有名な「アニヴェルセル系列」や「迎賓館」、「アートグレイス」、「T &G系列」でも外注業者のカメラマンを持ち込みすることができまます。

 

唯一、目黒雅叙園については、徹底的に持ち込まれないようなルールを敷いているので、難しいかもしれません。

 

もちろん、この記事を読んでいるタイミングによっては状況は変わっている可能性もあるので、依頼する業者に必ず確認をとってくださいね。

 

f:id:kame_reon:20200711184301p:plain

一生に一度の結婚式で失敗はして欲しくないからです。

 

ちなみに、私が依頼した業者は「持ち込み禁止の結婚式場でも99%撮影が可能です」と謳っていました。

 

 

多くの業者は、持ち込み禁止会場でも写真撮影を実施した実績があります。

 

気に入ったカメラマンの業者が見つかったら、撮影可能か問い合わせてみると良いでしょう。

 

ちなみに私たちの結婚式 という持ち込みカメラマン業者は10数年続いている企業で、口コミ・評判も非常に良いです。

 

しかも、目黒雅叙園でも撮影実績があるほどの強者なんです。

 

 

まとめ:カメラマンは99%持ち込み可能

今回は持ち込み禁止会場でもほとんどの場合持ち込み料なしで外部のカメラマンを持ち込んで撮影を行うことができることを紹介させていただきました。

 

結婚式場にカメラマンを持ち込む方法

✅カメラマンにゲストとして参列してもらう

 

高額になりがちな結婚式ですが、事前に少し知識武装するだけで大きく節約することができます。

 

当ブログの他記事でも、実体験に基づいた節約ポイントなどを紹介しているので、是非ご覧くださいね。

 

ただ、「がっつり節約してやる!」と意気込みすぎて本来の目的を見失わないようにだけ注意してください。

 

あなたの結婚式が思い出に残るような幸せな結婚式になることを祈っていますよ。