立ち上がれ貧乏人!! ~資本家階級への挑戦~

貧乏人コンシェルジュことカメレオンが労働者階級の君たちに捧ぐ。人生をちょっと賢く生きるコツ。

便利屋(お助け本舗)を利用して引越し費用を10万円安くできた話

f:id:kame_reon:20190325160243p:plain

3月下旬から4月上旬と言ったら引っ越しシーズンのピークである。

また,引っ越しの費用が吊り上がる時期でもある。

卒業,入学,入社,転勤等でどうしてもこの時期に引っ越ししなければならない場合,引っ越し業者の提示する高額な見積もりに悩まされる。

 

私もまさにこのタイミングに引っ越しをしなければならなくなってしまった一人である。私は引っ越し業者ではなく便利屋(お助け本舗)を利用することにより,引っ越し費用を10万円程度削減することに成功した。

大手引越業者の見積もりが12万円だったところ,お助け本舗では2万ちょいで済んだのだ。時期等条件はもちろん一緒だ。

引っ越し料金明細大公開

まずは皆さんに私の引っ越しにかかった総額をご覧いただきたい。

f:id:kame_reon:20190325093428j:plain

上記の通り,総額22,680円で引っ越しを行うことができた。

条件は以下のとおりである。

  • 時期:3月下旬
  • 移動距離:2km程度
  • 作業時間:19時~21時(2時間)
  • 荷物量:単身引越分

****************************************
家財詳細
****************************************
 [収納寝具類]
  ふとん(一組) 1
------------------------------------------------------
 [リビング類]
  カラーボックス(3段) 3
  液晶テレビ(32インチ) 1
  液晶テレビ(15インチ) 2
  プリンタ 1
  照明器具 2
------------------------------------------------------
 [キッチン・ダイニング・その他]
  冷蔵庫(高さ130cmまで) 1
  電子レンジ・オーブン 1
  食堂テーブル(2人掛) 1
  食堂イス 2
  洗濯機(全自動) 1
  こたつ 1
ダンボール 6個程度
------------------------------------------------------

近距離の移動でかつ荷物も少ないので,できるだけ安く済ませたいと思っていた。冷蔵庫や洗濯機などの大物を除けば自分でも運べてしまえそうなレベルなので,大手引越業者の提示してきた12万円なんていう金額はとてもじゃないけど払う気にはならなかったのだ。

お助け本舗では時期,移動距離や荷物で料金が変動するのではなく,完全時間制で料金が計算される。作業時間に対して金額が変動するので,分かりやすく透明性が非常に高いと言える。

お助け本舗の体験談(レビュー)

f:id:kame_reon:20190325160828p:plain

メリット

料金が安い(値段が時期に左右されない)

上述の通り,引越繁忙期にもかかわらず2万円ちょっとで引っ越しを行うことができた。繁忙期,閑散期にかかわらず時間で料金が決まるシステムだからだ。

ちなみに引っ越し業者大手のサカイ引越センターにも見積もりを依頼したのだが,こちらは12万程度の見積もりを提示してきた。最終的には9万円まで値切ってきたのだが,それでもとても高い。

お助け本舗では2万円程度で引っ越しを完了することができ,個人的には非常に満足である。

洗濯機の取り付け等当たり前にやってくれる

便利屋だからこそのメリットがここにある。引っ越し業者だとおそらくオプション料金等を取ってくるような洗濯機の取り付けやアース線等の配線をこちらが何も言ってないのに当たり前のようにやってくれたのだ。

お助け本舗では荷物量や移動距離等で料金を見積もるのではなく時間制であり,その時間の間なら簡単なことなら何でもやってくれるんであろう。もちろん追加料金など発生していない。

作業もスムーズで親切な対応

お助け本舗は便利屋の中では大手の方である。しかし,googleの口コミ等を見ると「予約したのに来なかった」「対応が最悪」,「非常に満足」,「丁寧で速い」等賛否両論であり,ネガティブなコメントの方が目立つのが正直な感想である。私もかなり不安を抱えながら依頼したのだが,結果的には作業もスムーズかつ丁寧で心から満足できる結果となった。

運搬物への養生は追加料金なし

お助け本舗では運搬物への養生は追加料金なしでしてくれるようだ。引っ越し業者のように何でもかんでも布でぐるぐる巻きにしてくれるほどではないが,テレビやパソコン等の精密機器は簡単な養生シートで巻いて運搬していただけた。しかし,玄関や壁等への外壁への養生もお願いすればできるが,追加料金がかかってしまうので注意しよう。こちらは結構料金がかかるらしい。

デメリット

便利屋を日常から多用する人はそんなに多くないだろう。大手の引っ越し業者と比べると信頼ブランドがあるわけではなく,不安に思うのは当然なことである。

私も「変な人が来ないかな?」「そもそもブッチされたりしないかな」「法外な追加料金が請求されたりしないかな」などと思い悩んだりした。

予約できたか多少不安だった

 便利屋だから初めてということもあり,私も少々(いや,かなり)不安だった。予約をしたのだが特に予約確認メールが来ることもなかったので,「本当に来てくれるのかな」と若干不安な思いをした。電話で確認したのだが,「予約できてますよ」とはいうものの若干歯切れの悪い感じ。念には念をと言うことでメールで再度来てくれるのかを確認した。結果的には問題なく来訪して頂いたが,無駄な確認をたくさんとることになってしまった。

追加料金がかからないか不安だった

「無駄に時間をかけて作業をしたり」だとか,「想定外の金額を最終的に請求してきたり」とかが起こらないであろうかととても不安だった。結果的にはそんなことは一切発生しなかった。作業開始前に「事前の見積もりの料金より高くなるようなら荷物一部置いて行ってもいいですからね」と言おうと思ったが,「事前の見積もりよりおそらく安くできそうですよ」と言ってくれたのだ。今回ばかりはかなり運が良かったようだ。

まとめ

便利屋(お助け本舗)を利用することで格安で引っ越しをすることができた

運のいいことに私の上記事例では,繁忙期にもかかわらず格安で丁寧にスピーディーに対応していただけた。

googleの口コミの通り,便利屋の当たりハズレはかなり幅が広く,リスクがあるのは事実だろう。

よって,例えば以下のようにトラブルが起きたときの対処法を事前にシミュレートしておくことが大事になってくる。

  • 万が一来なかった時に備えて,ほかの候補業者を探しておく
  • 旧家の契約期間にバッファを持たせておく
  • 作業開始前に見積もり以上の額は払わない旨伝える(もしくわ発生する場合はすぐに教えてもらえるよう依頼する)

リスクが発生した時の対処方法を事前に考えておけば,いざという時業者側の言いなりにならずに適切に対処ができる確率が高くなるはずだ。

金銭的には余裕がないが,時間的には余裕がある人は便利屋を利用した引っ越しという手段もおすすめである。

 

以上